トラベル&ツアーズ・ライセンス番号 Kha-1286/ PaKha-0016

[お問い合わせ] thanhlaing@compasstours.jp + 95 - 9 - 514 - 3612日本語可

ミャンマーに入国するためのビザ免除の修正発表
日本と韓国の通常のパスポート所有者

 

(1)ミャンマー連邦共和国大使館は、ミャンマー連邦共和国へのビザなし入国に関する発表日本と韓国の観光客、普通のパスポートを持っている人、そして
発表は2018年10月1日から2019年9月30日まで試行

(1)年間。
(2)改正によれば、
日本と韓国の観光客に必要な条件。
(a)米ドル1,000は、エントリーに「お金を表示」と表示する必要があります。
(b)第3国への帰還航空券(または)航空券、有効性1ヶ月以内に提出する必要があります。
(3)これに関して、改正された旅行者の条件日本と韓国から通常のパスポート保持者と一緒に、ミャンマー連邦共和国へのビザなし入国は以下の通りです。
(a)彼らはヤンゴン国際空港から入国する資格があり、マンダレー、ネー・ピー・トー、ミャンマーのヤンゴン国際港ターチーレイ、ミャワデイーの土地境界チェックポイント、コタウンとHteekee。
(b)ビザ免除は観光目的と観光ビザのみに適用されます発行されます。
(c)滞在期間は30日であり、滞在は延長できません。
(d)パッケージツアーとFIT(無料の独立した旅行者)が対象ですビザ免除を申請する。その手紙や勧告は、関連する部門、機関、会社は提出する必要はありませんただし、申請者は観光目的で付与する必要がありますのみ。
(e)彼らは、既存の法律、規則、手続等を厳格に遵守しなければならない。ミャンマー政府が発行した命令と指令。
(f)制限区域を除くミャンマーで自由に旅行することができる。
(g)移民局と関係する当局は、申請者が確認後に入学する資格がない場合の記入。
(h)彼らはすべての国際入国/退出地からミャンマーから出発することができる。

..........................................................................................................................................................................

 

<< 前 次 >>

 


member of UMTA / JATA / ITAP








No.141/145, Konzaydan Street, Pabedan Township, Yangon, Myanmar (BURMA). Tel :+95-1-8373-617/ Fax:+95-1-8378-496,Mobile:+95-9-514-3612, 421-112-508.
E-mail: thanhlaing@compasstours.jp ; URL:http://www.compasstours.jp
free hits