トラベル&ツアーズ・ライセンス番号 Kha-1286/ PaKha-0016

[お問い合わせ] thanhlaing@compasstours.jp + 95 - 9 - 514 - 3612日本語可

ヤンゴン一日観光

アジアで訪問するのに最適な場所の1つは、ミャンマー最大の都市であるヤンゴンです。自然愛好家は、街の美しい湖、日陰のある公園、緑豊かな熱帯の木に感謝します。これらが「東のガーデンシティ」と呼ばれる理由です。
しかし、ヤンゴンには印象的な景色以上のものがあります。この都市はるつぼであり、人々、居住地、宗教に関する文化やコミュニティの多様性です。国の主要な入り口と港として機能するため、国のビジネスの中心地でもあります。
ヤンゴンは1755年にアランパヤ王によって設立されました。彼はミャンマーの下部を支配したときにダゴンという小さな町の場所にヤンゴンを設立しました。彼はヤンゴンという名前を付けた人で、「闘争の終わり」を意味していました。 1885年、イギリスが国を併合したときに、名前はランゴーンとして角度付けされました。ヤンゴンは伝統、文化、現代性のバランスがとれた都市であり、アジアの別の側面を見たい人には必見です。

..........................................................................................................................................................................

シュエダゴンパゴダは、世界で最も有名なパゴダの1つであり、ミャンマーの首都ヤンゴンの主な魅力です。
地元ではシュエダゴンゼディドーザとして知られ、丘の上にあり、高さは99メートルです。金色の屋根が街を照らしているので、昼夜を問わずヤンゴンのほとんどの場所から見ることができます。
ある人によると、パゴダは2,600年前のもので、シュエダゴンは世界最古のパゴダになっています。しかし、その建設を証明する公式文書は存在せず、その時代はまだ議論の余地があります。シュエダゴンパゴダ主な金メッキドームの上部には、7,000を超えるダイヤモンド、ルビー、トパーズ、サファイアを含む仏塔があり、全体のめまいがする混合物は、夕日の最後の光線を反射するように配置された巨大なエメラルドによって相殺されています。シュエダゴンがミャンマーで「ビルマの王冠」と呼ばれているのも不思議ではありません。
ミャンマーで最も尊敬されている神社であるため、イスラム教徒が生涯に少なくとも一度はメッカのカーバ神殿を訪れることを余儀なくされているのと同じように、家族、仏教徒、仏の信者がシュエダゴンへの巡礼をすることは常に慣習となっています。このようなシュエダゴンの効力は、ミャンマー人が一般的に破壊できないと考えていることです。 1769年の大地震、20世紀のいくつかの小さな地震、1931年の大火災にもかかわらず、それは今でも丘の頂上に堂々と立っています。訪問者はシュエダゴンに入るときに靴を脱ぐ必要があり、日陰の聖域の間で火傷を負った床タイルを交渉するのは簡単なプロセスではありません。
仏塔は仏の8本の毛を含んでいると言われていますが、これはその威信を増すだけです。メインの聖域に通じる階段と橋は、ここに群がる何千人もの巡礼者に奉仕し、花や本の屋台、宗教的なお土産の行商人、茶屋は、シュエダゴンの長い営業時間中に活発な取引を行います。「シュエ・ダゴン」は、1930年にサマセット・モーガムを書いて、「魂の暗い夜の突然の希望のように、見事に金色に輝いた」と書いた。
ヤンゴン、シュエダゴンパゴダ旅行者はミャンマーの至る所で寺院を目にし、間違いなく建築様式の富と豊富さに感銘を受けるでしょう。たとえば、異教徒には、2,000を超える寺院とパゴダを含む古代の平野があり、これは確かに世界で最も注目すべきアンサンブルの1つです。それでも、個々のメリットを評価すると、シュエダゴンパゴダは寺院、集会所、国民的アイデンティティの象徴として他に類を見ません。

..........................................................................................................................................................................

スーレーパゴダはヤンゴンの中心に位置しています。スーレーパゴダロードとマハバンドーラロードの交差点で。キャウクタダタウンシップ。ヤンゴン。ミャンマー。この高さ48メートル(152フィート)の金色のドームは、1880年代に再建されたときに、イギリスの都市の格子パターンの核として使用されました。塔の特徴は八角形の塔です。尖塔に向かって先細りになるにつれてその形状を維持します。
歴史
スーレーパゴダは素晴らしいランドマークです。 2.000歳以上と言われています。仏塔は仏の髪の毛、つまり月の名前と言われています。 チャイ・アトッ は「神聖な髪の遺物がshられている塔」と訳しています。黄金の塔は、その八角形の形状が鐘と逆さのボウルまで続くという点で珍しいです。それは小さなお店と占星術師などおなじみの非宗教的なサービスに囲まれています。手のひら等々。ダウンタウンのスーレーパゴダは、ほとんどの外国人観光客が気付かずに通り過ぎる記念碑です。しかし、それは首都の唯一の中心部分です。パリのArc旋門のようなスーレーパゴダです。その伝説によれば、スーレー・パゴダは、ウッカラパ王がシュエダゴンを建設するための会議を開いた場所であるとされています。 「スウェイ」はミャンマー語で「会う」という意味です。時間の経過とともに、「スーウエイ」は「スーレー」に引き継がれ、街の計画を立てました。タヤワディ王。モンゴメリー。フレイザーなど。スーレーパゴダは、戦略的な場所にあるため、ヤンゴンの中心部として維持することに決めました。宗教的意義と芸術的な美しさ。 4つの基本的な方向に面した4つの階段の4つの入り口から、または2つの高架橋からアクセスできます。

 

ヤンゴン 1日観光

 

ツアーコード : htt001(ODTYGN)

ツアー名   : ヤンゴン一日観光

ツアー期間  : 1日

食事      : 朝:X 昼:X 夕:X

ツアーガイド : 同行きます。

No. 訪問部市 スケジュール 食事
1

 

ヤンゴン



コンパスのガイドさんと運転主さんが皆様が泊ってるホテルにお迎えに来て、ヤンゴン市内の観光致します。お先にシュエダゴンパゴダにご案内します。そしてカバーエーパゴダ、チャウ・タッ・ジー根釈迦様、、ボータタウンパゴダ、スレーパゴダ、アウサンマーケットにショッピングなどにご案内させていただきます。

お疲れ様でした!

朝:X

昼:X

夕:X

ランド・フイーは米ドルで!お一人様の値段です!

期間 1名

2名
(Per pax)

3~5名
(Per pax)
6~9名
(Per pax)
一泊(12時間)

100

セダン

50

セダン

40

ハイエース

27

マイクロー・バス

ランド・フイー・含まれるもの!

*上記の見積もりの中では ガイド(12時間)、車(12時間)御使えます。

ランド・フイー・含まれないもの!

*ドリンク(ビール、ジュース)など、オプショナル・トリップ、国内のホテル、国内飛行機、専用車、食事(朝:昼:夕)、入場料、お小遣い(電話代、洗濯代、など)、チップ、などが含まれておりません!

 ヤンゴンの中心

 ブッダ・イマージュ

 ヤンゴン中大駅

 アウンサンマーケット

 シテイーホール

 St.Mary"s

皆様のお希望にお問い合わせは下にクリップしてボッキングお願いします

Book-2

 

<< 前 次 >>


member of UMTA / JATA / ITAP








No.141/145, Konzaydan Street, Pabedan Township, Yangon, Myanmar (BURMA). Tel :+95-1-8373-617/ Fax:+95-1-8378-496,Mobile:+95-9-514-3612, 421-112-508.
E-mail: thanhlaing@compasstours.jp ; URL:http://www.compasstours.jp
free hits